ルナベリーは授乳中に飲んでも大丈夫?

マーク

ルナベリーは授乳中にも飲めるのでしょうか?

 

産後は、慣れない育児や睡眠不足も重なり、生理が再開すると辛い!という女性も多いのではないでしょうか。

 

卒乳するのと同じくらいのタイミングで生理が始まるママも多いのですが、授乳中であっても生理が再開してしまうママもいます。

 

授乳中は、それじゃなくても胸が張ったり・・・で大変なので、PMSは本当に辛いですよね。

 

睡眠不足で頭痛なのか、体がだるいのか、PMSで頭痛なのか、体が重いのか・・・分からなくなったりもしますよね。

 

そんな時、ルナベリーの効果の良さを知っていると頼りたくなってしまうのですが、授乳中は控えてくださいね。

 

妊娠中も、ホルモンのバランスが乱れるのでイライラしたり鬱々とした気分になることもあって、サプリが合ったら良いのに・・・と思うかもしれません。

 

でも、ルナベリーは妊娠中や妊娠の可能性がある場合、授乳中は使用を控えなければなりません。

 

なぜなら、イソフラボンがちょっと心配なんです。
ルナベリーの成分は、ハーブが主なものでその他はイソフラボン、ミネラル、ビタミンなど女性にすごくオススメな成分が配合されています。

 

誰でも問題なく飲めそうですし、副作用もないのですが、イソフラボンは大豆由来の成分です。ママがたくさん摂ってしまうと、赤ちゃんが大豆アレルギーになる可能性があります。

 

大豆食品は、健康に欠かせないものなので食事からきちんと摂る事は必要なのですが、食事でも摂ってサプリでも摂ると過剰摂取になってしまいます。

 

もし、生理が再開してPMSが辛い、育児に支障があるというようなときは、産婦人科医に相談してみましょう。ひたすら耐えるのは辛いです、よくありませんからね。

 

>>ルナベリー 詳細ページはこちらから

 

 

TOPページへ