ルナベリーとプレフェミンを比べてみて。

プレフェミン

PMSの症状は個人差がありますよね。でも、その症状って誰にとっても辛いもの。そこでその症状を改善したいとプレフェミンやルナベリーを検討する方は多いと思います。

 

ですが、ルナベリーとプレフェミン。
PMS症状の改善・緩和にはどちらがおススメなのでしょうか?さっそく、この二つの違いについて調べてみました。

 

●ルナベリー(サプリメント)

成分(チェストベリー)含有量: 40mg

購入方法: インターネット

 

今なら500円で始めることができます。

 

●プレフェミン(薬)

成分(チェストベリー)含有量: 40mg

購入方法: ドラッグストアなどの薬剤師に相談しPMSと診断されると購入できる

 

ドラッグストアで購入できるとはいっても、誰でも気軽に購入できるというわけではなく、薬剤師に自分の症状を話さないといけないというのが厄介ですね。

 

2回目からの購入も、問診を受けてから購入しないといけません。男性薬剤師だったりすると特に、なんとなく恥ずかしいし厄介かなと思います。

 

このように購入方法を見ただけでもルナベリーのほうが良いなと思いますが、それよりもやっぱり薬であるプレフェミンは副作用の心配があることを考えるとサプリメントであるルナベリーが良いですね。

 

サプリメントなら、副作用の心配もありませんし、飲み続けても安心です。

 

チェストベリーは同じ量だけ含まれているのでどちらを飲んでみようか迷ったらルナベリーを試してみてはいかがでしょうか。公式サイトから購入すれば返金保証もついていますよ。

 

>>ルナベリー 公式サイトはこちらから

 

 

TOPページへ